T-PROPPER

Tプロッパー

Tプロッパーとは

Tプロッパーは、台風や突風などの異常風圧によるシャッターの損壊を未然に防止する装置です。
Tプロッパーは、天レール、鋼鉄支柱、この2つのパーツを主体にして構成されています。
天レールは、建物内部側の、シャッター(スラット)収納口に隣接した位置に設置します。
鋼製支柱は、この天レールから吊り下げて取り付けられ、レール内を横にスライド移動できます。
また、支柱は角形鋼管を二重にした構造(外側10cm角【上部支柱】、内側9cm角【下部支柱】)で、強大な外部圧力に対しても変形しにくい、強い耐久力を持っています。

更に、下部支柱は上下可動もでき、支柱移動の際は、支柱下端が空中にある状態で使用します。
Tプロッパーの不使用時(通常)は、支柱は出入りの障害にならないように間口端に接床した状態でセッティングできます。支柱上下の先端部、間口中央に位置する床と天レール、この4箇所には支柱の上下部を固定できる仕組みも施されており、支柱は間口中央でシッカリと固定できます。
これらの機能を使って固定された支柱が、強大な風圧を受けたシャッターを間口中央部で受け支えることで、シャッター(スラット)の両端が風圧によってガイドレールから離脱し、損壊することを阻止します。

なぜ支柱が一本だけでも大丈夫なのか?

シャッター損壊のメカニズムによれば、ガイドレールからの離脱の誘因となる間口中央のスラットの膨らみ(シャッターの反り)を抑えることができれば、シャターの損壊を防止できることが理解できます。

Tプロッパーの支柱には、台風などの強力な風圧を受けたシャッターからの衝撃にも耐える強度があり、シャッターを受け支えることができます。支柱を間口中央に設置することで、この支柱が「風圧によるシャッターの膨らみ(反り)を抑える」という働きをし、その結果、シャッターのガイドレールからの離脱による損壊を防止します。

シャッター損壊のメカニズム

通常のシャッターの状態です。スラット左右両端は、両サイドにあるガイドレール内に収まっています。スラットは最大クラスのシャッターでもガイドレール内に約8cm入っている程度です。小さいクラスではこれ以下となります。

強い風圧を受ける事でシャッターは、まず建物の内側に押されて縦中央部が図の様に膨らみます。そして、それが戻る際にはその反動で建物の外側へと膨らみます。風圧を繰り返し連続して受ける事で、内外へと連続で膨らみ続け、スラットの反りも増大していきます。

反りの増大に伴って、スラットは左右両端間の直線長さが短くなることで、レール内に留まる部分は減少し、更にその部分が斜めに傾くことで、スラットはレールから抜け易い状態となります。この状態で、さらに風圧を受けることで、スラット両端は引っ張り出されてレールから離脱してしまいます。

その後、離脱させられたシャッターは風圧によって、布製カーテンの様に激しくあおられて、連結されていたスラットは抜け落ちたり、壁に打ち付けられて損壊してバラバラになったりしてしまいます。

重量シャッターには優れた強度があり、ガイドレール内に収まったままの状態であれば、
台風規模の風圧を受けても損壊することはまずありません。

強風時のセッティング

支柱を間口中央に固定

支柱上端部

支柱の上部固定プレートを天レールのセンターフレーム(間口中央に位置する)内に差し込むことで固定されます。

支柱下端部

支柱下端部は、下部支柱を下に降ろし、床に設けた支柱受け穴に差し込むことで固定されます。

通常時のセッティング

支柱を間口端に固定

上部固定

間口端のレールにもフレーム(サイドフレーム)があり、間口中央固定と同じ仕組で固定できます。

下部固定

床にサイドストッパーという8cm角の突出具を設けてあり、支柱下端がこれを囲む形で接床することで、支柱は固定されます。