防火シャッター管理者の皆様、もうこれで安心です!

コンタクト
会社概要
「閉鎖又は作動をするに際して、人の安全を確保する
ことができるものであること」

という2005年12月の建築基準法施行令112条改正に
よって
危害防止措置は義務付けられています

また、定期報告制度の強化により、防火設備(防火シャ
ッター、防火戸など)の定期調査・検査に伴い、
危害防止
装置の未設置には、‘既存不適格’の報告
がその都度な
されます。
窓から見える、手を取り合って遊ぶ子供たちのありふれた日常・・・

   普段と変わらぬ安全な生活と安心に満ちた明るい笑顔を
   守り続ける事が、私たちのゴールです。

   私たちは、目立つようなスタープレーヤーではありませんが、
   しっかりと確実に皆様の安全と安心を守ります。

防火シャッターの危険
  知っていますか?
 
  防火シャッターに潜む危険を。
  ・挟まれ事故について
  ・落下事故について
業界初となるワイヤー式チェーン式
ダブル対応
を実現

しかも、ワイヤー式に対応できる製品は、業界で
セフティRのみです。
★ Sガードは、鋼製パネルタイプ耐火クロスタイプ
  2タイプございます。
  また、鋼製パネルタイプには、管理(防犯)シャッターにも
  対応できる
セキュリティSガードもございます。
既存不適格解消には、最適の製品です。
シャッターのプロでなければ、今、シャッターが安全な状態であるか判断できません。
サンユウテック社は日頃より、危害防止装置などの設置に伴う
現場調査を無料で行っております
現調のご要望があれば伺いますので、ご連絡ください。
お見積も無料です
ご連絡いただければ、無料現場調査に伺います
セフティR

 特 長

 仕組み
挟まれ事故防止には
落下事故防止には
Sガード
 

    

 【鋼製パネルタイプ】Sガード
  Sガードとは
  機能と仕組み
  圧迫荷重とパネル分割について
  動 画

 耐火クロスタイプ】Sガードクロス
  Sガードクロスとは
  機能と仕組み

 

危害防止装置
Sガード

   

 
特  長

 電気式と比較した優位性
 電気式の維持費を負担できますか?
 鋼製パネルと耐火クロス、選択基準は
 施工実績
 
当たり前の安全と安心を!
シャッターの安全装置に特化した専門メーカーのサンユウテック社だからこそ出来ること。
それは、各シャッターメーカー独自の視点だけではなく、広い視点から、全メーカーに対応できる
安全装置を創造し、製品化し、ローコスト化により、広く普及させることです。
挟まれ防止については、今、注目されて設置の関心も非常に高くなっていますが、落下防止も見逃せない危害防止措置です。
人々の安全かつ安心な環境の確保はもちろんのこと、悲惨な事故によって受ける様々な損失を未然に防止するためにも、
両製品を是非お役立てください。
今、挟まれ防止が注目されていますが、
落下防止も欠かせない危害防止措置です
サンユウテック鰍ヘ、防火シャッター用安全装置の開発・製造メーカーです。
防火シャッターの危険
 挟まれ事故について

 落下事故について


会社概要

コンタクト
危害防止装置で、業界初電気式を実現
落下ストッパー
セフティR
平成10年からのロングセラー
      実績多数!
シャッターを巻き取って上げたり、降下させたりする方式には、
ワイヤー式とチェーン式の二つがあります。

併用で安全・安心は
更に確かなものに!

“確かな安全”のために、国立大学法人 茨城大学と共同で、研究・開発に取組んでいます
法改正によって、安全措置は義務化へ
 【管理シャッター用】セキュリティSガード
  セキュリティSガードとは
  仕組み
 
防火シャッターによる挟まれ事故防止には
防火シャッターの落下事故防止には

防火シャッターによる人身事故として多いのが、
誤作動などにより法定速度で降下してきたシャッターによる挟まれ事故、
そして、ワイヤーが切れるなどして急速落下してきたシャッターに衝突する落下事故、
この二つです。

どちらにしても、軽いものでも200〜300kgの重量があるシャッターによって
引き起こされるその事故の影響は極大です。


これらの事故を防止するために開発された安全装置が、SガードセフティRです。
この製品は、
シャッターメーカーを問わず、ほとんどのシャッターに後付できます

更には、ローコスト化にも成功しております。
電気を使わず機能する仕組みですので、
電気工事が不要で、その上
シャッター工事のローコスト化にも成功して
初期工事を大幅に低減しました。
これに加えて
ランニングコストゼロも実現いたしました。