わんぱくガード

ベランダ用転落防止ユニット

わんぱくガードとは

ベランダを安全・安心な環境に!ベランダ用転落防止ユニット わんぱくガード 縦格子フェンスタイプ ベランダの転落事故から大切なお子様をしっかり守ります!

わんぱくガードなら、後を絶たない、命にかかわるベランダからの転落事故を未然に防止できます!

安全性と利便性、どちらも両立させる仕様です

小さなお子様をお持ちのご家庭のベランダは
これから、このスタイルへ!

ベランダに後付けできます!
ベランダに後付けできます!
縦格子フェンス

軽い、サビにくい、高強度など、優れた特徴を持っているアルミ仕様です。 横格子とは違い、手掛かりになり難く、お子様が登り難いので、安全です。
格子は八角パイプで対辺の長さは16mmと細く、しかも格子間隔は11cmと広いため、視界は良好です。

挟み込み式支持金具

縦格子フェンスを、手すり壁にシッカリ固定するためのパーツです。
豊富なバリエーション
(形状・サイズ)で、様々な手すり壁に対応します。(写真は一例です。)

補強用支持脚

挟み込み式支持金具を補強するパーツで、耐外力を強化し、強風などから製品を守ります。
下端は、ベランダの床に着けて設置します。

わんぱくガードを設置すれば、このように転落事故を防止できます。
わんぱくガードを設置すれば、このように転落事故を防止できます。

こんなところにもしっかりこだわって開発しました

挟み込み式取付け(ベランダ既存部の現状維持)

ベランダ本体への穴あけ、ビス止め無しの、ベランダを傷つけない取付工事方法です。
※ベランダの状況によっては、工事方法が異なる場合もございます。

低負荷(製品強度の確保)

格子に八角パイプを採用し、また格子間隔を広く設けて製品面積を極小化し、風の抵抗の大幅低減と軽量化を行うことで、本製品と手すり壁への負荷を大幅に軽減させました。

風通し抜群(快適な生活空間の確保)

転落防止機能を損ねない隙間を最大限設けることで、安全と快適を両立させました。

短時間工事(シンプル工法)

設置時間は1mあたり約30分で、その日の内にベランダを使用できます。

再利用可(エコ)

使用期間の終了後は、取外して他のベランダ(同形状・同サイズの手すり壁)への転用が可能です。

補助金について

マンションなどの共同住宅で、転落防止用の手すり等を設置し、事故防止策を講じる場合に、国などの補助金補助金を利用できる場合がございますので、是非、ご確認ください。